ホーム会社法募集株式と社債

募集株式と社債

資金を集めよう

資金の調達方法

 A社は順調に伸び、得意先から新型ゲームの世界同時発売プロジェクトXへの参加を促されました。
 小規模なビジネスなら会社で蓄えた内部資金でまかなうことができるが、規模が大きいと外部から調達するしかありません。
 このような資金をめぐる会社のやりくりを財務政策とかファイナンスといいます。

 ここで、会社のファイナンスにつき簡単にみておきます。
 まず、資金の調達先である調達源泉により外部資金(外部金融)内部資金(内部金融)に分かれます。 外部金融には株式・社債の発行・借入れ・企業間の信用(支払手形)があります。 内部金融には利益の社内留保や減価償却があります。

 減価償却とは、機械などの固定資産の消耗分を徐々に「費用化」することです。 つまり、何年か先でいきなりスクラップにせず、少しずつ価値が目減りすると考え、その目減りした分を費用計上すれば、現金を流出させずに出資した格好にできます。 帳簿上の現金節約です。

 企業が返済の義務を負うかどうかにより、自己資本と他人資本に分けられます。
 自己資本は内部資金はもちろん、株式も含まれます。 資金の利用者が供給者から直接に資金を受け取る場合を直接金融といいます。 株式・社債がそうです。
 銀行が世間の人々から預金を集めて企業に貸し付けるように、(資金の利用者と供給者との間に第三者が入っている場合を間接金融といいます。
 貸借対照表でみると、返済の義務を負う他人資本が負債の部、返済義務を負わない自己資本が純資産の部です。
 社債発行の場合は負債の部に、株式発行の場合は純資産の部に記載されます。 ちなみに、貸方(貸借対照表の右側)の資金がどのような形で会社に保有されているか、現金なのかその他の財産なのかといったことを借方(貸借対照表)の左側に記載します。これを資本の部といいます。

A社としては、銀行に限らず、会社についてきたブランドや信用力を利用して、直接金融に踏み切る考えであるとします。同じ負債でも社債なら銀行より低金利で調達できます。株式の形なら返済の概念がないので会社にとっては有難いです。
 直接金融は、特に会社設立後の募集株式の発行等、新株予約権の発行と社債の発行が中心となります。

Copyright © 2004- Yamamoto Sougou Law Office. All Right Reserved.